iphoneケースは金属はタブー

iphoneケースは意外に重要です

iphoneケースは落下時の衝撃を緩和してくれるならどれでも良いと思っていませんか?確かに落下時の衝撃緩和はiphoneケースの重要な役割の一つです。iphoneは屋外でも使いますから、落下する危険が高く、その時にiphoneが壊れないように出来るだけ衝撃から守ってくれるというのは必須項目ではあります。しかし、ケースによってはiphone自体の寿命を大きく削ってしまう事になります。それがどんな場合かというと、熱が内部に篭ってしまう場合です。
iphoneは当たり前ですが電子機器で作られています。その為の部品と言うのは実は寿命があるんです。その寿命は熱によって大きく削られてしまうんです。これはiphoneに限らず、全ての電子機器がそうです。ですので、通常なら機種変まで問題なく使えるのに、熱が篭りすぎてすぐに動かなくなってしまうなんていう場合もあります。それを防ぐには熱が篭らないようにする事です。なのでiphoneケース選びは案外重要です。
見た目や衝撃吸収性だけではなく、放熱という事に関しても重視した方がiphoneを長く使えます。手帳タイプなどは非常に熱が篭りやすいので、その点ではオススメ出来ません。横面と背面を覆ってしまうカバーも同じです。ですので横面だけのバンパータイプが一番オススメです。もちろん放熱だけが全てではありませんので、どこを重視するかで選ぶべきケースは変わってきます。なので参考程度に受け取って下さい。

iphoneケースは金属以外がオススメ

少し昔の話しですが、iphoneが握り方によって電波強度が弱くなるという事がありましたよね。その理由ですが、握り方によって人体が電波を遮断してしまうからというものでした。それからかなりの時間が経っていて、その改善策も施されているわけですが…いまだに完全とは言えません。ですので、iphoneケースは金属以外がオススメです。
金属製のケースはちょっとやそっとでは壊れません。丈夫ですし、見た目も格好良いので非常に人気が高いのですが、その性質上どうしても電波を遮断してしまいます。もちろん完全に遮断するというわけではありませんので、iphoneがまったく使えなくなるというわけではありません。ですが、金属部分がバリアーのような役割をしてしまって電波強度はどうしても弱くなってしまいます。
これは普段から電波があまり良くない場所に住んでいる人にとってはとても大きな問題になります。普通なら全く問題なかったとしても、元々電波が良くないのに金属のケースによってさらに電波が弱くなってしまってはイライラが増すばかりです。なのでiphoneケースは金属以外の素材の物を選ぶのがオススメです。例えばシリコンやプラスチック系の素材、もしくは木などが良いと思います。iphoneケースを変えただけでも電波強度がかなり変わったなんて事もありますので、電波強度で不満のある人は是非試してみて下さい。

menu list

2017年08月29日
衝撃を受け止めてくれるiphoneケースを更新しました。
2017年08月29日
iphoneケースは金属はタブーを更新しました。
2017年08月29日
ファッショナブルなiphoneケースを更新しました。
2017年08月29日
豊富な種類で最もおすすめなケースを更新しました。

recommended post

衝撃を受け止めてくれるiphoneケース

衝撃からiphoneを守るケース 私が使っているiphoneはiphoneです。もう使い始めてから長いですよ。長く使っ…

もっと読む

iphoneケースは金属はタブー

iphoneケースは意外に重要です iphoneケースは落下時の衝撃を緩和してくれるならどれでも良いと思っていませんか…

もっと読む

ファッショナブルなiphoneケース

ファッションの一部としてのiphoneケース 手軽に着せ替えてプチ機種変気分が味わえるケースカバー。ちょっとネットで検…

もっと読む

豊富な種類で最もおすすめなケース

iphoneケースは手帳タイプがオススメ iphoneケースで周りを囲うだけのバンパータイプのケースや、サイドと背面を…

もっと読む

Copyright(C)2017 ファッション感覚で楽しむiphoneケース All Rights Reserved.